1.5GHz帯

1.5GHz帯



1.5GHz帯とは


読み方:いってんごギガヘルツたい


1.5GHz帯とは

無線通信に利用されている周波数帯域の一つのこと。

これまでは、第2世代携帯電話(2G)のPDC方式や、自営無線などが1.5GHz帯を使用しており、1.5GHz付近である48MHz分の幅が携帯電話に割り当てられている。

1.5GHz帯が携帯電話に試用されるまで、800MHz帯が主に割り当てられていたが、携帯加入者の増加につれて、800MHz帯だけでは充分な通信回線を確保できなくなったため、新たに1.5GHz帯が使用されるようになった。現在はサービスを行っていないNTTドコモの1.5Ghz帯サービスはシティフォンやシティオなどと呼ばれていた。

現在、第2世代(2G)の加入者は減少しており、CDMA方式を採用した第3世代(3G)の加入者が増加しているため、3G用に用意された2.0GHz帯のみでは帯域が不足する可能性がある考えられており、。2Gが占有している1.5GHz帯を再編して、3Gに1.5GHz帯の一部を割り当てようとする動きがある。





[携帯電話]
テレコムスクエア
JALエービーシー
Quick Mobile
グローバルモバイル
ププル
[データ通信Wi-Fi/USB]
グローバルWiFi (Wi-Fi)
テレコムスクエアWi-Ho!・Wi-Fi (Wi-Fi/USB)
JALエービーシー・データ通信Wi-Fi (Wi-Fi/USB)
U.S.データ (Wi-Fi) ※アメリカ専用
アロハデータ (Wi-Fi) ※ハワイ専用


PageTop ▲