W-CDMA

W-CDMA



W-CDMAとは


読み方:ダブリューシーディーエムエー
フルスペル:Wideband Code Division Multiple Access
別名:Wideband CDMA


W-CDMAとは

ドコモやエリクソン社等が開発した第3世代携帯電話(3G)通信方式のこと。

高速移動時で144kbps、歩行時で384kbps、静止時で2Mbpsのデータ伝送能力があり、動画・音声によるリアルタイム通信が可能。CDMA方式を採用しており1つの周波数を複数の利用者で共有できるため周波数効率が良いとされる。

ITU(国際電気通信連合)が標準化を進める次世代通信方式IMT-2000の日欧標準案として提案されており、北米案のcdma2000と標準をめぐり争っている。NTTドコモの第3世代携帯電話であるFOMAはこの方式を採用している。





[携帯電話]
テレコムスクエア
JALエービーシー
Quick Mobile
グローバルモバイル
ププル
[データ通信Wi-Fi/USB]
グローバルWiFi (Wi-Fi)
イモトのWiFi/グローバルデータ (Wi-Fi/USB)
Wi-Ho! (ワイホー) テレコムスクエアWiFi (Wi-Fi)
JALエービーシー・データ通信Wi-Fi (Wi-Fi/USB)
U.S.データ (Wi-Fi) ※アメリカ専用
アロハデータ (Wi-Fi) ※ハワイ専用






PageTop ▲