海外の無料/フリーWi-Fiスポット


海外フリーWi-Fiスポット事情



世界中でWi-Fi(無線LAN)環境がある場所やエリアに居ればいつでもインターネットサービスを無料か有料で利用できるWi-Fiスポットは非常に便利です。しかし、町中で自由に付けるWi-Fiスポットは利用ケースにより様々なリスクもあります。
当ページでは海外渡航先でのフリーWiFiスポットのメリットやデメリット、利用時の注意点について詳しくご案内します。

>フリーWi-Fiスポットとは? >フリーWi-Fiのメリットとデメリット
>フリーWi-Fiスポットの利用方法
  海外フリーWi-Fiスポットとは?

フリーWiFiスポットとはWiFiスポットとは外出先で無線の高速インターネットを利用できる公衆無線LANサービスが提供さるスポットのことで、カフェや飲食店駅・空港や大型商業施設・ショッピングモールなどで利用できます。

このようなWiFiスポットは、iPhoneに代表されるのスマートフォンやiPad等タブレット、携帯ゲーム機などの無線LAN対応機器で利用することが可能です。
外出先でノートPCからインターネット接続をしたい場合はWiFiスポットを利用すれば、モバイルルーターを使わずにインターネット接続が可能になります。

例えば道に迷ったときや調べものをしたい時にフリーWiFiのある場所へ行き無料で利用できるので手軽で便利です。
しかし、その場所を離れてしまうと利用することが出来ません。
また、安全における信頼度が低く、メールアドレスや名前を入力したり、接続までの手順が多く複雑なフリースポットもあります。

  海外フリーWi-Fiスポットのメリットとデメリット

フリーWiFiスポットのデメリットとしてセキュリティ面のリスクがあります。無料Wi-Fiスポットは不特定多数の人が利用するため情報を勝手に盗み見られる危険性が高ります。

海外ではフリーWiFiスポットの範囲内に紛らわしい名前のネットワークがあり、同じスポットにいる利用者のインターネット上の通信をすべて見られ、情報を入手されてしまいます。

何の準備もなく無料でインターネットが利用できるのはとても便利ですが、ネットバンキングの手続きなどをフリーWiFiスポットで行い、利用者が気付かないまま情報を盗まれているというケースは圧倒的に多いです。
フリーWiFiスポットを利用するときは、必ずネットワーク名を確認しましょう。スターバックスなど鍵のアイコンがついているフリーWiFiスポットは、パスワードを教えてもらえば利用可能なので、そちらをご利用になることを推奨します。



  海外フリーWi-Fiスポットの利用方法

フリーWiFiスポットの利用法ですが、誰でも自由にWiFiが利用できるエリアに居れば利用が可能な完全フリータイプとカフェやホテルなどフリーWiFiスポットをサービスを提供する運営事業者・店舗側からアクセスIDとパスワードを取得して利用できるゲストタイプの2つ方法があります。
安全性を考えた場合フリータイプはアクセス情報を盗まれる可能が高いため、ゲストタイプを利用することをおすすめします。


ホテルで利用の場合、宿泊するお客様向け専用のサービスとして無料または有料でインターネット通信が可能です。無料の場合、利用料金はホテルの宿泊料金に含まれているケースが多く、有料の場合、ホテルや宿泊施設によりますが1日500〜1,500円位、高級ホテルですと2,000〜3,500円など高額な場合があります




   関連情報ページ
   ・海外でスマホを使う4つの方法 (海外でスマートフォンを利用する方法)
   ・海外でiPhone/Androidスマホ使用設定 (所有スマホとレンタルWi-Fiの接続方法)


PageTop
海外携帯Wi-Fiレンタル キャンペーン