海外携帯電話スマホ・国際ローミング 比較

海外でドコモ・au・ソフトバンク携帯使用

  日本国内キャリアの携帯電話利用
海外渡航先にて日本で所有する携帯電話やスマートフォン(スマホ)を同じ番号そのままで利用することのできる国際ローミングサービス・海外ローミング相互接続サービスは、各国の携帯電話事業者がそれぞれの通信ネットワークを活用して海外でも携帯電話の利用が可能になっています。

世界の携帯電話通信方式についてですが、日本・韓国と他国では大きく異なります。他国で一般的なものはGSM(世界の携帯サービス・GSM・3Gとはページ参照)と呼ばれており、日本、韓国以外海外旅行人気地域を含むほとんどの国で利用が可能です。

NTTドコモのWORLD WING(ワールドウィング)、ソフトバンクのSoftBank3G国際ローミングサービス、auのグローバルパスポートGSM(旧グローバルエキスパート)は海外でGSM方式を利用するタイプ、auのグローバルパスポートCDMAは国内と同一のCDMA方式を海外で利用するタイプです。日本国内契約の各社携帯電話を海外で利用する場合、LTE通信のローミングサービスには対応していないため3Gか2G通信での利用となります。

ドコモの国際ローミングは、FOMA機種でのサービスとなりWORLD WINGの事前申込みが必要です。905iシリーズ以降の機種からは標準で国際ローミング機能を搭載しており、3G+GSMローミング対応の国や地域で音声通話が利用できます。Xi(クロッシィ)機種はFOMAとしての機能を装備しており国際ローミング先ではFOMAとして動作します。旧モデルの3Gローミング対応904iシリーズは、アメリカ・中国(香港・マカオを除く)・タイ以外の国・地域で通話可能。一部機種や地域を除きiモードサービスが海外で利用できます。また、一部の割引サービス(パケット通信割引など)は適用されません。

au(KDDI)の国際サービス(国際ローミング)は、グローバルパスポートGSM(旧グローバルエキスパート)とグローバルパスポートCDMAとの2つの異なるサービスがあります。au icカードの差し替えが不要なグローバルパスポートGSM対応機は2機種のみとなっています。グローバルパスポートGSMはグローバルパスポートCDMAでは利用できなかったヨーロッパや中近東・アフリカでも利用する事ができる反面、韓国ではGSMネットワーク外のため利用できません。韓国はグローバルパスポートCDMAで利用可能です。

ソフトバンクは、iPhoneやSoftBank3Gシリーズの機種で国際サービス(国際ローミング)が利用できます。元々、グローバルカンパニーであるボーダフォン社(Vodafone)の日本法人がドコモ等他社キャリアに先駆け海外対応携帯電話サービスの国際ローミングサービスを行っていました。ボーダフォン社がソフトバンクに買収されてからも国際サービスを積極的に展開しています。尚、一部の機種や地域を除いて、ソフトバンク携帯のWeb・メールサービスであるYahoo!ケータイが利可能です。日本独自のPDC方式である2GタイプのSoftBank6-2機種はローミングサービスが利用できません。

イー・モバイル(emobile)とPHS会社のウィルコム(WILLCOM)はソフトバンクグループのキャリアであったのですが2014年8月に統合しY!mobile(ワイモバイル)となりました。イーモバイルブランドの国際ローミング対応携帯であるGS03/02/01、S51SE、S42HW、Dual Diamond、H31IA、H11LC等の端末をソフトバンクと同じローミングのネットワークで利用可能です。

各社ともに、海外で国際ローミングを利用している場合は、現地の通信回線を間借りしているため、全ての通話が日本経由の国際電話となります。通話料は日本国内の料金体系と異なり、電話がかかってきた場合(着信時)や、転送料の他、事業者によっては呼出中も通話料が発生するため高額になりやすくなります。

また、海外では、Webやメールのパケット料金体系も異なるため、パケット定額プランの料金が適用されません。従って、当サイトの海外対応携帯サービスのメリット・デメリットページでも案内していますが、知らない間に通話料負担額が増える事態になります。
加えて、通話料金の基本プランに含まれている無料通話分について、現時点、ドコモは海外利用分でも適用していますが、ソフトバンクやauは非適用など、携帯電話会社によりサービス体系が異なることに注意が必要です。

  国際携帯電話サービス一覧
携帯電話事業者(キャリア)の国際携帯電話サービス
事業者
サービス概要
docomo
NTTドコモ
WORLD WING(ワールドウィング)
[海外対応携帯電話(GSM端末)所有者]
FOMAの方は、FOMAカード(UIMカード)を海外携帯に差し替えて利用可能。movaの方は、WORLD WING海外専用カード申込みで専用カードを自分の携帯電話に挿入して利用可能。mova端末所要者も専用端末をレンタルすることで同一番号使用が可能です。
[海外対応携帯電話レンタル]
海外対応携帯電話のFOMA端末N705i等をレンタルしています。FOMA所有者の場合、自分のFOMAカードを差替えて利用も可能です。
・iモードかパソコンで申込時…レンタル料:315円/日
・電話で申込時…レンタル料:525円/日
・ドコモショップ来店申込時…レンタル料:315円/日
・直前予約(iモード・PC)申込時…レンタル料:525円/日
・ワールドカウンター申込時…レンタル料:525円/日
ドコモプレミアクラブ・プレミアステージ会員とDCMX契約会員(FOMA契約者限定)はレンタル基本料が無料になります。
※通話料(着信受信料含む)・国際転送料がかかります。
※海外通信事業者により呼出中も通話料が発生します。
au
by KDDI
au 国際サービス
KDDIのauが運用する国際ローミングサービス。グローバルパスポートGSM・CDMA対応機種を所有していれば、海外のau提携会社サービスエリアにて同一番号で使用できます。
※通話料(着信受信料含む)・国際転送料がかかります。
※海外通信事業者により呼出中も通話料が発生します。
[グローバルパスポート端末レンタル]
世界の国や地域で利用できる海外用携帯電話(Nokia6070等)を貸し出している。auのICカードを対応端末に差し替えることで、国内の電話番号を海外でも利用することができる。
・1〜30日:315円/日(補償料200円)
・31日以降:1,323円/週(補償料200円)
事務手数料:525円/件(ネット申込時は無料)
料金通知書の郵送:210円/件
宅配手数料:315円/件
※通話料(着信受信料含む)・国際転送料がかかります。
※海外通信事業者により呼出中も通話料が発生します。
SoftBank
ソフトバンク
SoftBank 国際サービス
ソフトバンクの国際ローミングサービス・世界対応ケータイ(世界対応携帯電話)は、ソフトバンクの国際ローミング対応端末、SoftBank3Gシリーズ端末を所有の場合は、同じ携帯電話の番号そのままで海外でも携帯電話を使用できます。
※通話料(着信受信料含む)・国際転送料がかかります。
※海外通信事業者により呼出中も通話料が発生します。
[ソフトバンク海外レンタル]
ソフトバンク端末所要者でも国際ローミング対応端末を所有していない方は、海外専用携帯電話レンタルによりUSIMカード差し替えで同一番号利用(本体時のみ)が可能です。GSM Rentafone社が運営を行う。
・レンタル料は機種により異なります。
703SH:840円/日(本体)・707SCII:525円/日(本体+回線)・補償料:210円
※通話料(着信受信料含む)・国際転送料がかかります。
※海外通信事業者により呼出中も通話料が発生します。

携帯電話事業者の国際ローミングサービス対応一覧
  (対応の地域数や端末は随時変動追加されています)
事業者 サービス名 通信方式 音声通話
対応国・地域数(パケット通信)
主な対応端末
docomo WORLD WING W-CDMA
GSM
225
(204)
iPhone6・5S/C・
Xperia/GALAXY
ARROWS
MEDIAS/Optimus
with/NEXT/
PRIME/STYLE/
SMART/PRO
シリーズ端末等
(端末により異なる)
GSM 148
(146)
L-03C・P-02C・F-08B
au グローバルパスポートGSM GSM 196
(150)
iPhone6・5S/C・
iPhone5/4S・S002・W64S・W62S5/4S・S002・W64S・W62S
グローバルパスポートCDMA CDMA 2000 1x 24
(15)
iPhone4S・BRAVIA Phone・S005・X-RAY
SoftBank 世界対応
ケータイ
W-CDMA
GSM
223
(196)
iPhone6・5S/C・
iPhone5/4S/4/3・
iPad・iPadmini・
008SH・002P
GSM 106
(105)
001SC・001SH・930CA
Y!mobile
(旧emobile)
世界対応
ケータイ
W-CDMA
GSM
106
(105)
GS03/02/01・
S51SE・S42HW・Dual Diamond・H31IA・H11LC

海外使用時、日本での通話通信料との主な違い *ドコモ例
着信に料金がかかる

海外では着信した電話を受けた場合(伝言メモ含む)に着信料が発生します。一部の国・地域によって、これとは別に着信料が発生する場合もある。

フリーダイヤルなどにも課金される

渡航先の通信事業者によっては、コレクトコール、フリーダイヤル、クレジットコール、プリペイドカードコールの通信でも、通信・通話料が発生する。尚、日本のフリーダイヤルにはかけられない。

パケット通信の課金方法が異なる

1アクセス毎の最低料金(事業者により50円/100円〜)がかかる等、国内のパケット料金、課金方法と異なるため注意が必要。

海外でも自動的にパケット通信が発生する場合がある ケータイデータお預かりサービスの自動更新機能やiチャネルの初回情報更新時、iアプリの自動起動等、海外でも自動的にパケット通信が発生する場合がある。その際、パケット通信料が発生し、高額になる場合がある。
無料通話分の適用範囲が異なる WORLD WINGの通話料・通信料は、パケ・ホーダイ、FOMAデータプランに含まれる無料通話分、及び、その他の割引サービス、FOMAデータプランに含まれる無料通信は適用対象外。
データ通信料が非常に高額になる場合がある

パソコンで約1Mバイトの添付ファイル付メールを送信、または受信した場合に、約1,600円の通信料がかかる。



  関連情報ページ
   ・海外パケット定額制通信料金比較 (海外対応パケット通信サービス比較)
   ・海外データ通信モバイル定額比較 (海外用データ通信定額サービス比較)


海外携帯レンタルSpecialOffer

ソニーストア